社名にもなっている「ユナイトボード(特殊複層コルゲートボード)」は、
われわれの原点となる素材&テクノロジーです。

・再生紙を主原料とした環境建材
(持続可能なリサイクル対応)
・軽さと強度を併せ持つ構造体
・断熱性・吸音性が高い
・反り・変形しにくい
・アルミ箔で防湿性を確保

最適な原材料を選定して組み合わせ、ユナイトボードの製造から製品化まで一貫して取り組んでいます。

ダンボールという言葉から創造されるイメージは、まさに日常にあるダンボール。
つまり、みかん箱や、最近では携帯電話を買った時に入っている箱や、アマゾンで買ったものが送られてくる箱などでしょうか…

箱になる前、ダンボールはシート状で生まれてきます。
英語ではカードボード、または、コルゲーティッドペーパー。
実は、この立体成形に使われる紙には、紙の種類や厚み、強度など用途に応じて多様な組合せが存在します。その多くの使途は、梱包材となるのです。

私たちは、将来の必要性を見据え、1967年から建材用途向けに、この製法を利用して構造体を創造することに着手したのです。
紙の種類、厚み、強度などを選別して組合せ、特に建材用に一から開発したのが当社の技術の結晶のダンボール型構造体「ユナイトボード」です。

梱包用ダンボール材とは異なる製法によりつくり込まれたユナイトボードの寿命は、20年を越え30年を超え、ダンボールの常識を覆す実績を誇っています。

梱包材は、顧客の手に届くまでしっかりと内容物を守り、開梱されてその役目を終えます。
一方私たちが創り出すプロダクツは、顧客の手に渡ってからそれぞれ未知の使用環境に順応し、機能を果たし、末永く使用に耐えうることでその価値を発揮しています。